プログラミング教室といえばココ!おすすめの定番の教室

プログラミング教室は数多くありますが、人気の高い3つのおすすめの教室をご紹介します。

どのプログラミング教室を選べばいいか迷った場合は、この3つから選べば問題ありません。

ヒューマンアカデミー ロボット教室

「ヒューマンアカデミー ロボット」の画像検索結果

ヒューマンアカデミーのロボット教室は2019年に10年目を迎えました。

教室は全国で1,400教室以上で、在籍生徒数は24,000人以上の日本最大級のロボット教室です。

かわいいロボット「エボルタ」で有名な高橋智隆先生が監修している点も魅力的です。

カリキュラムはレベル別に細かく分けられています。5歳からスタートできます。

ヒューマンアカデミーのロボット教室の仕組み
  • 月謝:9,500円(税別)
  • その他の費用:【入会費】10,000円(税別)、【教材費】28,500円(税別)
  • 対象年齢:5歳から
  • 授業回数:月2回

 

アーテックエジソンアカデミー

「エジソンアカデミー」の画像検索結果

アーテックエジソンアカデミーはロボットの組み立てとプログラミングの両方を学ぶことができます。

ロボットはセンサーやモーターなどがあり、それらすべてをプログラミングで制御することができます。

毎月新しいロボットを作るので、子どもが飽きることなくプログラミング教室を続けることができます。

アーテックエジソンアカデミーの料金システム
  • 月謝:9,000円〜12,000円(教室によって変わります)
  • その他の費用:【入会費】0〜10,000円、【教材費】40,000円(税別)
  • 対象年齢:8歳から(5歳からは事項力キッズ)
  • 授業システム:90分 月2回

 

クレファス

クレファスは僕が以前に勤めていたロボット教室です。特徴はレゴマインドストームEV3を使ったロボット作りとプログラミングを行うことです。

低学年と高学年によって授業スタイルが違うので、年齢に合わせて無理なく学ぶことができます。

クレファスの料金システム
  • 月謝:10,000円〜16,000円(コース、教室によって変わります)
  • その他の費用:【入会費】16,000円、【教材費】約26,000円(税別)/約56,000円
  • 対象年齢:5歳
  • 授業システム:60分または90分 週1回

プログラミング教室で何を学べるのか?

プログラミング教室ではどんなこと学ぶのか、実のところよくわからないという方もいます。

小学校でプログラミング教育が必修科目になるのに、どうしてプログラミング教室に通う必要があるのか疑問に感じることもあるでしょう。

プログラミング教室では、プログラムの作り方やロボットの構造や仕組みを学び、最終的に「プログラミング的思考」を学ぶことができます。

プログラミング的思考を学ぶ

「プログラミング的思考」とは問題を解決するための考え方のこと。

プログラミング的思考では次のように問題を解決します。

  1. 問題を分析して、原因を特定する
  2. 問題の解決策を考える
  3. 問題の解決策を実行する
  4. 問題の解決策の効果を測定する

この考え方をプログラム作りを通して学ぶことができます。

プログラミング的思考は生きる力そのもの

勝ち気な子供のイラスト(女の子)

プログラミング的思考は日常生活でも役に立ち、生きる力そのものと言えます。

なぜなら、社会では答えのない問題が多くありその中でのベストアンサーを自分で考える必要があるからです。

例えば、就職活動でどの会社べきかという問題があります。これまでは、大きな会社や知名度の高い会社がベストアンサーだったのかもしれません。
しかし、今の時代は大きな会社といえども先行きがわからないからです。むしろ、成長中の小さな会社のほうが将来性があったりもします。
今では世界規模の会社になっているGoogleやAppleでも平成初期には存在すらしていませんでした。

プログラミング教室の失敗しない選び方。比較するポイント

習い事としてプログラミング教室は人気になっています。
探すとたくさんのロボット教室やプログラミング教室があることに気がつくと思います。

プログラミング教室をどうやって選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

失敗しないプログラミング教室の選び方と比較するポイントをご紹介します。

料金を比較

月謝が高いとプログラミング教室が家計への負担になってきます。月謝は毎月必要なので、負担にならない範囲で選ぶことが大切です。

プログラミング教室の月謝を比較すると、値段の差がかなりあります。

これは授業回数が影響しています。

授業回数が月2回や月4回だったりと教室によって違うので注意してください。

一回あたりの授業料で考えると、実はあまり差がなかったりします。

ロボット教材費が高くても大丈夫

集金袋のイラスト

プログラミング教室をスタートするときには、月謝の他に入会金やロボット教材費が必要です。

ロボット教材費は数万円と高額になりますが、一度購入すれば何度も購入する必要がなく、卒業するまで使うことができます。

まとまった出費として負担があるかもしれませんが、長い目で見るとそれほど高い金額ではないでしょう。

授業内容を比較

白紙のボードを比較している人のイラスト(女性)

プログラミング教室によって授業内容は大きく違います。

  • 個別授業なのか集団授業なのか?
  • 授業は学年別なのかレベル別なのか?
  • ビジュアルプログラミングなのかソースプログラミングなのか?
  • どんな教材(テキスト・ロボット)を使うのか?

子どもにあった授業を行っているプログラミング教室を選ぶ必要があります。

個別授業か集団授業

塾の講師のイラスト

個別指導とは、生徒の学習ペースに合わせて先生が個別に指導するスタイルです。

プログラミング教室では先生一人で5人程度の生徒を指導するのが一般的です。

集団授業とは、生徒全員が同じペースで授業進めます。小学校の授業と同じスタイルです。

一人で考えることが難しい低学年のクラスでは集団授業を取り入れる教室が多いです。

授業は学年別かレベル別か?

授業中の小学生のイラスト

プログラミング教室のクラスの分け方は2種類あります。

プログラミングレベルに関係なく学年でクラスを分けて授業を行うタイプと、プログラミングのレベルで分けるタイプです。

同じ学年だけで授業を受けたいか、年上もいれば年下もいるようなクラスで授業を受けたいか子どもによって好みは違ってきます。子どもの好みに合わせて選んであげましょう。

ビジュアルプログラミングなのかソースプログラミングなのか?

コンピューターを使いこなす子供のイラスト

ビジュアルプログラミングとは、難しいコードを書かずに画面上でブロックパーツを並べるだけでプログラムを作る事ができるプログラミング方法です。

ソースプログラミングとは、プログラムの文法を学びコードを書くプログラミング方法です。

子ども向けのプログラミング教室では、ほぼ100%の教室でビジュアルプログラミングを採用しています。

万が一、C言語やPHPなどの実際のプログラマが使っているような言語を学びたい場合は、ソースプログラミングを行っている教室を選びましょう。

どんな教材(テキスト・ロボット)を使うのか?

授業でタブレットを使う学生のイラスト

プログラミング教室で使う教材は、教室によって全く違います。

テキストの内容は楽しそうか?内容は理解できるか?などテキストを見てみるのもいいでしょう。

ロボット教材で人気なものは「レゴマインドストームEV3」です。

これはレゴブロックで有名なレゴ社から発売されているプログラミング学習ロボットキットです。プログラミングは専用アプリで行うので、簡単にプログラムを作ることができます。