現役ロボット教室の先生が語るロボット教室に通うメリットとは?

こんにちは。ロボット教室で小学生たちにロボット作りとプログラミングを教えているトーマです。

最近、ロボット教室の習い事の注目を集めていますね。僕が教えているロボット教室にもたくさんの問い合わせが殺到しています。

ロボット教室が人気になった理由は、2020年にはプログラミングの授業が必修化も決まったなども後押しをしているかもしれません。もちろんIT化が進む中でプログラマー職業の認知度が高まったこともあると思います。

今回はそんな注目のロボット教室に通うメリットをご紹介します。

関連記事:先生視点で見た子どもをロボット教室に通わせるデメリットは?

そもそも、どうしてロボット教室が人気になっているの?

2018年に「親が子供にさせたい習い事ランキング」で1位になるほど人気の習い事になったロボット教室ですが、具体的にはゲームを作ったり、ロボットを動かしたりするプログラムを作成したりと様々です。

習い事に言っている子供自身も楽しみながら行うことが出来ることも人気の理由だと言えます。

ロボット教室に通うメリットとは?

僕は実際にロボット教室で子どもたちを前にしているので、子どもの成長を毎日見ているので、子どもの身につく能力や変化に毎回驚かされています。

そんな実例を踏まえて、子どものうちからロボット教室に通うメリットをご紹介します。

 

現代社会では、パソコン操作が必須になってきている企業が増えてきています。もはや、パソコンを使えて当たり前の状態です。近年ではプログラミングが出来ることは就職活動などにおいても大きなメリットになります。

僕自身が広告代理店で働いていたときの取引先のなかには独学でプログラミングを学んでHP制作などの企業を立ち上げた方もいたくらいです。

また、プログラミング教室に通うことで様々なことを能力を伸ばすことが出来ます。

具体的にはどのような能力を伸ばすことが出来るのでしょうか?

基礎プログラミング能力の向上

そもそもプログラミングとはコンピューターを動かすために必要な手順や情報を入力することにより作動させるためのものです。

プログラミングというとゲームやアプリ開発を想像しがちですが、例えば炊飯器のボタンを押すと美味しいご飯を炊いてくれたり、買物に行ったときにバーコードを通して商品の料金を計算したりすることもコンピューターがプログラムを実行することで実現しています。

 

このような日常にも潜んでいる様々なプログラミングの仕組みを理解するとともに、どうすれば自分の思っているようにプログラムを実行することが出来るのか?

などのプログラミングの仕組みから知識などを持つことが出来ます。

【論理思考力】プログラミングを通して優先順位を考えられる

そもそもプログラミングってなに?

そんな質問を僕のロボット教室にやってきたお母さんたちからもらうことがあります。

プログラミングとは、ロボットの一連の動きをまとめた命令文の集まりと答えています。

プログラムは料理と同じで、順番が大切です。例えばカレーを作る場合、

  1. 野菜を切る
  2. 野菜を炒める
  3. 水を入れる
  4. カレールウを入れる
  5. 煮込む

上記の手順を踏むことで、美味しいカレーができます。これが、1つでも順番を間違えると美味しいカレーはできません。

プログラミングも同じで、ロボットに与える命令の順番が大切です。子どもたちは、プログラミングをする時に、命令の順番を意識しながら作ります。

子どもの思考回路は不十分で、考えた事を実行することが苦手です。頭では理解していても実際に手を動かすことが苦手な子どもたちがたくさんいます。

そんな子どもたちも、プログラミングで一つ一つ丁寧に順番通り考える癖をつけることができます。

ロボット教室に通うメリットの一つ目は、物事を一つ一つ順番に考えることで、論理的な思考力を身につけることができるのです。

ロボット教室の授業中でも、子どもたちがブツブツと独り言を言いながらプログラミングをしている場面を目にします。何を言っているのか、聞いてみると

「まずは真っすぐ進んで、次は5秒回って、それが終わったらアームを動かして・・・」

こんなことを言いながらプログラミングをしている様子を見ると、子どもたちがしっかりと成長していることを実感できます。

 

想定外のエラーが起こることは、プログラミングではよくあります。そうしたエラーや誤作動が起きたときになぜそのようなことが起きたのか?どうすればそのエラーや誤作動が起きないか?ということを考えながら新しいプログラムを組んだり、修正をすることで、思考能力が身に付くのです。

普段の生活の中でも予期せぬ出来事などは日常的に起きます。そういったときにも対応していく力を身に着けることが出来るのはロボット教室でのメリットです。

考える力を身に着けることが出来るは大人になったときに、社会に出たときに何よりも必要な能力です。

【問題解決力】ロボットの動きを観察して、何が問題なのか発見できる

ロボット教室では毎回の授業で子どもたちが組み立たロボットを動かすためのプログラミングを行います。

子どもたちが作ったプログラムはバグと呼ばれる間違いがあり、直ぐに動くわけではありません。実験と検証を繰り返して目的の動きを達成します。間違ったプログラムでは、間違った動きしかしないので、これを子どもたちはロボットの動きを観察しながら問題点を見つけます。

実際に僕が教えているロボット教室の授業中でも、子どもたちは真剣な眼差しでロボットの動きを観察しています。

どんな風に間違った動きをしているのか?間違いの原因になっているプログラムはどこなのか?目を皿のようにしてロボットの動きとパソコンの画面を見ています。その様子は、小学生の子どもではなく一人の研究者のようです。

これこそ問題解決能力です。

起こっている現象で何がおかしいのかを知る
そして、そのおかしい部分の原因を探る。

この二つの思考をロボット教室で養うことができます。

何か問題が起きたときに対応策を人に聞いていたりすることが必ずしも正しい成長とは言えません。もちろんわからないことを聞いたりすることは大切です。しかし、最後は自分で動かなければいけないことは生活していく中でたくさんあると思います。

ロボット教室でのロボット作りやプログラミングも同じで、どういう風にプログラミングを組めばどう動くかを教えることは出来ますが、そのプログラムをどういう風に使うかは自分次第なのです。

【創造力】答えのない課題に取り組み達成する

ロボット教室では作ったロボットを改良してパワーアップさせることがよくあります。

授業をしていてもこのパワーアップのために改良する時間が子どもたちが最もイキイキする瞬間です。教科書通りのロボットや動き方では満足しない子どもたちが、自由にロボットを改造している姿が印象的です。

ある子どもはカッコよくいろんなパーツを取り付けるし、また別の子どもはとにかくプログラミングを磨いて性能をアップさせます。改造することが子どもの個性が色濃く出る瞬間でもあります。

ロボット作りやプログラミングには正解が無限にあります。子どもそれぞれが違ったやり方や対応方法でも最終的に同じ動きをすることが良くあります。

ロボット教室では、性能をアップさせるという目的で改造をするので子どもたちが頭を悩ませながら理想のロボットを作る過程で子どもの発想力が養われます。

どんなものを作ろうか?どうやって作れば良いのか?という答えのない課題に取り組むことで創造力と実現力を身につけることができます。

試行錯誤を繰り返しながらロボットを作る様子は先生の立場として見ていても楽しいし、子どもたちの作るロボットに毎回驚かされています。

ロボット教室は思いついたことを実現できる

ロボット作りやプログラミングの面白いところは、子どもたちが自分で思いついたことを実現できることです。これがロボット教室の最大の魅力。

市販されているプラモデルでは決められた手順を守って1つの決まったモデルを作ります。同じように子どもたちが熱中するゲームでは、与えられたストーリーをなぞるだけです。

しかし、自分で組み立てるロボットや自由につくるプログラミングは無限の可能性があります。だからこそ自分のさせたい動きなどを想像して、実現させていく過程に子どもたちが熱中します。

オススメのロボット教室はココ!

おススメのプログラミング教室はヒューマンアカデミーのロボット教室です。

ヒューマンアカデミーのロボット教室

ヒューマンアカデミーのロボット教室はやりたいことや知識に合わせてコースを選ぶことが出できます。

ある程度独学で勉強をしていてさらに覚えていきたい方も、今までパソコンをあまり触ったことがない初心者の方でもどちらでも対応をすることが出来るので安心です。

また、テレビなどにも出演している高橋智陸氏をアドバイザーとして迎えており、しっかりとした知識を身に着けることが出来ます。

小学生を主に対象としている月に2回授業が行われ、コースも能力ややりたいことに合わせて

  • プライマリーコース
  • ベーシックコース
  • ミドルコース
  • アドバンスコース

上記の4つのコースに分かれています。

最長5年間のコースをご用意しています。時間も90分と子供が飽きない時間で行っているので集中力を切らさずに行うことが出来るのも魅力的。

また、中学生や「アドバンスコース」修了者を対象とした「ロボティクスプロフェッサーコース」もご用意しており、どんどん新しいことを習得していくことが出来ることが出ます。

ヒューマンアカデミーではロボットを通じてプログラミングの楽しさを知るだけでなく、毎回新しいことをプログラミングを覚えているということをロボットの動きを通じて形として見ることが出来るので子供自身も楽しみながら成長することが出来るプログラミング教室となっています。

子供の成長が目に見えてみることが出来るのがプログラミング教室です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ロボット教室に通うメリットを先生目線でご紹介しました。

これからの世の中は答えのない課題への対応力が必要になります。小学校で身につける算数や国語も大切ですが、子供自身の考える力や解決力を身につけるのも同じくらい大切。

子どもの創造する力が身につくということがロボット教室の最大のメリットです。

そして何より大切なことは、子供自身が楽しみながら考えることが出来るという環境です。

どんな習い事でもそうですが、やらされていると思いながら行っていても、なんとなくの知識は身に付くとは思いますが、本当の知識としては身に付きません。

しかし、ロボットや動くイラストなど目に見えて変化がわかる教材を使用していますので子供自身も成長を実感することが出来ますし、達成感をもって行うことが出来る習い事だと思います。

少しでも気になった方は無料体験やレッスンなどを一度受けてみてもらうことをぜひおススメします。きっと子供の輝く姿を見ることが出来ると思います。