小学生向けプログラミング用ロボット教材の選び方と勉強方法

いよいよ小学校でプログラミング教育が小学校で始まりますね。

それに伴って小学生向けのプログラミング教室とロボット教室が人気上昇中。

もちろん小学校でもプログラミング教育のスタートを前にしてロボットを使ったプログラミング授業が着々と準備されています。

小学生向けのプログラミング教育には大人向けの学習方法とかなり違っているのはご存知でしょうか?大人向けプログラミング教育はただただパソコンに向かって難しいコードを書きますよね。

子供向けのプログラミング教育はロボットを使って「わかりやすく楽しく面白く」プログラミングを覚えることができるのです。だからプログラミングを学ぶためにロボット教室が大人気になっているんですね。

でも、どれだけ良い教材でも子供の興味関心がなければ意味がない。絵に描いた餅です。

さてさて、プログラミング教育が人気になっているという流れもあって、たくさんのメーカーから小学生でもプログラミングを勉強できるロボット教材がたくさん発売されています。

「ロボット教材」と検索しただけでも20種類以上もあって、どれを選んでいいのかわからなくなってしまいます。

そこで、今回は小学生がプログラミングを学ぶことができるオススメのロボット教材を紹介します。

ダントツでオススメはマインドストームとアーテックロボ

先程も説明したようにプログラミングを学習できる教材はたくさんあります。本来であれば全てを細かく説明して、比較検討して解説したほうが親切ですが、あまりにも多すぎるので情報量が多くなりすぎて逆に混乱してしまいます。

なので今回は数あるロボット教材の中から特にオススメの「マインドストームEV3」と「アーテックロボ」をご紹介します。

マインドストームとアーテックロボの比較

マインドストームはブロックで有名なレゴが販売するロボット教材です。

教育版と玩具版の2種類があって、オススメは教育版。キットに入っているセンサーやモーターを使ってロボットを組み立てて、専用アプリを使ってプログラミングをつくれば、自由にロボットを動かすことができます。

レゴ「マインドストームEV3」

アーテックロボとはタヨ横斜め方向に取り付けることができるパーツを組み合わせてロボットをつくることができます。自由に組み立てることができるので、思い通りな形状にできます。

プログラミングはスクラッチを使っているので、初心者の方でも簡単にプログラミングをすることができます。

アーテック「アーテックロボ」
マインドストームEV3アーテックロボ
値段56,000円ほど30,000円ほど
使っている教室クレファス
リタリコワンダーなど
エジソンアカデミーなど
対象年齢5歳〜5歳から

ポイント①:長く使える

この2つのロボット教材は飽きずに長く使えることができます。

どちらも自由度が高く、作っては壊して自分の好きなロボットを作ることができます。ロボットの作り方を示す手順書がないので、子供が自由に作ることができます。

やりこみ要素が高いので、使い方次第では大人になっても使い倒すことができます。

ロボット教材の価格はそれなりの金額になりますが、十分に元を取ることができます。買って損はない教材です!

ポイント②:利用者が多く、情報量が多い

テレビや掃除機などの家電でもそうですが、困ったことがあるととりあえず検索して解決策を探しますよね?

自分のほしい情報があるとホッと安心できるはず。

マインドストームもアーテックロボも人気のロボット教材なので、ネット上にたくさんの情報がのっています。使い方がわからないときなど、困ったことがあったらググればすぐに解決できるという安心感があります。

他にもYoutubeにはこの2つのロボットを使った作品がたくさん公開されています。どんなロボットを作ればいいか迷ったときや、アイディアに行き詰まったときに動画で検索すると参考になる動画を見ることができます。

ポイント③:ロボット教室で体験できる

マインドストームもアーテックロボも大手ロボット教室の教材になっているので、購入する前に無料で体験できることが嬉しいですね。

マインドストームやアーテックロボはおもちゃ屋で店頭販売していることは滅多にありません。購入する場合は、ネット通販が基本です。

なので、どんなロボット教材なのか購入前に知ろうと思っても知ることができません。値段が値段だけに買った後に後悔しないようにするためにも、購入前に一度使ってみたいというのが本音です。

最近ではプログラミングの体験イベントなども開催も増えていますが、そうそう都合よく参加できるとは限りません。

マインドストームEV3であれば、クレファスに体験授業へ申し込めば気軽に使うことができます。アーテックロボはエジソンアカデミーで利用できます。どちらも全国でロボット教室を展開している大手の教室なので、きっと自宅の近くにも教室があると思います。

体験授業は無料で受けることができるので、ロボット教室の講師から丁寧に使い方を教えてもらいながら遊べることが嬉しいですね。

購入前には一度教材を使ってみるのがいいです。

ポイント④:使わなくなっても高値で売れる

考えたくありませんが、せっかく購入したのに子供が飽きてしまったら困ります。そんなときでも、マインドストームとアーテックロボはメルカリやラクマ、ヤフオクで簡単に売ることができるのです。

どちらも人気のロボット教材なので、かなりの高値で売ることができます。マインドストームについて言えば税込み6万円で購入しても、メルカリで売れば4万円以上で売ることができます。大きな損になることはないはずです。

使わなくなった後でも売ることができると知れば、安心して購入することができますよね。

プログラミングを学ぶと将来どんな役に立つの?

プログラミングを小学生のうちから勉強すると将来どんな役に立つのでしょうか?

ズバリお答えすると全ての仕事と言えます。もはやプログラミングを使わない仕事はありません。どんな職種にもプログラミングは関わってきます。

専門的なエンジニアやプログラマといった仕事につかなかったとしても、プログラミングの最低限の知識がないと役職につけなくなるでしょう。

プログラミングの仕組みを理解していないと、指示を出すことも受けることもできない時代に突入しています。

役立つ仕事①:機械やロボットを作る仕事

わかりやすい仕事で言えば、機械を作ったりロボットを作る仕事です。

金属を削ったり曲げたりする産業用ロボット(FA)や、離れていても手術ができるダヴィンチと呼ばれる手術用ロボットなどの医療系機器、車を作るロボットなどたくさんのロボットがあります。

身近なところではお掃除ロボットルンバやエアコン、スマートスピーカー、電気自動車など生活のいたるところでロボットは活躍しています。

役立つ仕事②:機械の動きをコントロールする制御の仕事

機械やロボットの動きを決めるのは、機械の中に組み込まれているプログラミングです。

エアコンを例にして説明します。暖房を25度に設定した場合、暖まってきたら自動でエアコンは弱くなるし、温度が25度よりも低かったら強くなりますよね?

エアコンについている温度センサーが部屋の温度を確認して、風を強めたり弱めたりしています。こういった動きをプログラミングで制御しています。

これからはIoT(Internet of Things)といっていろんなものがインターネットに繋がります。エアコンや冷蔵庫、電気やスピーカーなど最近いろんなものがスマホから制御できるようになっていますよね?

これからは家電だけでなく自動車などあらゆるものがインターネットに繋がっていきます。

ますます制御の仕事の需要が高まってくることは明らかですね。

役立つ仕事③:人工知能系の仕事

AIや人工知能という言葉は毎日ニュースで聞いていますよね?

人工知能を使えば見つからなかった病気を発見できたり、将棋のプロに人工知能が勝ったりいろんなことができます。

人工知能を簡単に説明すると、過去のいろんなデータを参考にして、一番ベストな解答を示すこと。人間が考えて命令を出さなくても、機械が自分で考えて行動してくれます。

人工知能は新しい技術なので、応用の幅は急速に広がっていきます。

子どもたちが大人になる頃は、自動運転も当たり前になっているはずでしょう。

ロボットを使ってプログラミングを学習する方法

プログラミングを学ぶためのおすすめのロボット教材がわかったと思います。

プログラミングの重要性が理解できても、結局勉強するのは子供。どうやってプログラミングを勉強すればいいのかご紹介します。

単純にいえば、楽しいかどうか!

子供は素直なので楽しものは続けるし、楽しくなかったら辞めます。子どもたちがSwitchやゲーム、ヒカキンなどのユーチューバーに熱中するのも楽しいから。

ロボットを楽しんでくれれば、子どもたちは自然とプログラミングを勉強してくれます。

とにかくロボットを楽しむ!

ロボット教材の一番の魅力といえば楽しいこと!楽しいことであれば長く続けられます!

遊んでいるうちに、知らず知らずのうちにプログラミングを学ぶことができます。

僕自信も小学生の頃に桃太郎電鉄という日本全国を旅するゲームにハマったことがあります。そのゲームをしていたおかげで、日本全国の地図と地方の特産品を覚えることができました。

ロボット教材も同じで、勉強をするよりもずっと楽しく簡単にプログラミングを覚えることできます。

創造力・思考力が身につく

パソコンでプログラミングを学習するよりも、ロボットを使うメリットは創造力や思考力などの頭をつかうスキルが身につくこと。

  • ブロックを組み立てることでゼロからイチを作る「創造力」が養われる
  • プログラムを順番通りに組み立てる「論理的思考力」が育つ
  • 思い通りに動かない原因を見つけ解決する「問題解決力」が身につく

こういったスキルが身につくのはロボットを使ってプログラミングをしているから!

頭の使い方を学ぶことができるので、勉強にも繋がって成績もあっぷするでしょう。

親子のコミュニケーションにつながる

ロボット教材を購入したなら、ぜひ親子一緒に遊んでください。

親がプログラミングやロボットに興味を示すことで、子供は積極的に前のめりでロボットに取り組むはず。

レゴマインドストームやアーテックロボは大人でもハマる要素がありありです。実際にロボット教室にお迎えに来たお父さんたちが、子供のお迎え時間を忘れて熱中する姿もよくあります(笑)

なによりも親子のコミュニケーションに繋がります。

お父さんやお母さんはなれないうちは、大変かもしれませんが慣れるとすぐに楽しめるはずです。

もしも不安があれば、それこと一度ロボット教室の体験授業に参加して教室の先生に使い方や遊び方を聞いてみるといいでしょう。

ロボットやプログラミングへのイメージがガラッと変わるはずです。

クレファスはオススメのロボット教室

何を隠そう僕はクレファスの元先生です。

ロボット教室はどこがオススメですか?と聞かれたなら、クレファスをオススメします。

クレファスの特徴は学年でコースが分かれていることです。じっくりとロボット作りの基礎を学びながら、プログラミングを勉強うできます。

使う教材もレゴマインドストームEV3なので、楽しくロボット作りができます。

体験教室は無料で参加できるので、遊び感覚で参加できるのもいいところです。

ロボット教室は難しそう・・・ハードルが高そう・・・と迷っているならもったいない!まずは軽い気持ちで参加してみましょう!