子どもに習わせたい習い事ランキング上位のロボットプログラミング教室の人気の秘密は?

子どもに習わせたい習い事ランキングで上位に入っている

保護者はどんな習い事を習わせたいと思っているのか?というアンケートの結果をみて驚きました。

2016年と2017年比較ですが、2016年は、スポーツや学習塾が保護者には人気でした。

しかし、2017年には、いきなり「プログラミング教室」が1位!

こんな結果になっています。

プログラミングってあまり馴染みがありませんよね?

でも、そんなプログラミングが習わせたい習い事ランキングで上位に入るという結果になっています。

 

プログラミング教室は、前年の2016年は9位でしたが、2017年は、一気に1位!になっています。

まったく新しい習い事で、9位もすごいですが、1位になった理由はあるのでしょうか?

大人が対象のプログラミング講座というのは以前からあったので、受講された方もいるかと思います

しかし、このアンケートの結果は大人が習いたい習い事ではなく、子どもに習わせたい習い事なのです。

子どもに習わせたい習い事は、急激な変化が起こっているようです。

 

なぜ「プログラミング教室」が1位におどりでたのでしょうか?

それは色んな理由が考えられます。

 

例えばプログラミング教育が2020年に小学校で必修化になることや
親が自分で教えるのは、ちょっと難しそうなので教室に通わせて習わせたいというのもあるでしょう。

その他にはテレビやネットの影響です。

最近いろいろな「子ども向けのロボット教室」がテレビで特集されたりしていますよね?

テレビで子どもがプログラミングやっていたり、ロボットを作っていたりする映像を見たことがありませんか?

こういったテレビに影響で「プログラミング教室」という習い事があるというのが知られてきたということも関係があるのでしょう。

これからは、「子ども向けプログラミング教室」は子どもの習い事のスタンダードになる可能性があります。

もしかすると、学習塾よりも必須で習う習い事になってくるかもしれません。

プログラミング教室が人気になっている理由は?

小学校でのプログラミング教育が必修化になるから

文部科学省より2020年の学習指導要領改訂が発表されています。

目玉は何と言っても「プログラミング」が必修科目に格上げされること

 

いまさらプログラミングって思いますよね?

実際に今まででも小学校でパソコンを教えてくれる学校もありました。

けれども、そのパソコンの授業はキーボードでの入力の仕方や、
エクセルやワードを使ってみようということで終わってしまっています。

あくまでもパソコンの操作まででした。

 

中学校で「プログラミングよる計測・制御」が技術家庭科の項目にはいっています

しかしこちらは、教師の個人の能力によるところが大きいようです。

プログラミングや制御なんてものは学校の先生たちは基本的には触ったことがありません。

 

 

高校に入ってやっと「情報」の授業で学びます。

しかし、情報は大学の受験科目ではないので、授業として後回しにされやすいです。

正直、「え?そんな授業あったかした?」という状態ですよね?

 

学校でパソコンに強い先生が授業を担当することがあれば、ちょっとは教えてくれるかも?といったレベルです。

つまり、パソコンやプログラミングは学校の授業だけでは身につかなかったように思います。

 

 

では、小学校でのプログラミングの授業って何をするの?

という疑問が出てくると思います。

 

小学校でのプログラミングは算数・理科・総合的な学習の授業に取り入れてパソコンの仕組みや扱い方を通して「プログラミング的な思考力」を養うことが目的です。

とわいえ、実際どんな授業になるのかは、小学校の先生次第なところもあります。

理数系に強くなれそうだから

子ども向けのプログラミング教室はよくある「コードの入力(英単語や数式の羅列)」ではありません。

理数系というよりは、ITスキルがまず身につきます。

理数系はもっと、発展を学ぶレベルになれば自然と強くなります。

パソコンを使えないor使ったことがない子どもが増えているということも最近話題になっています。

 

タブレットは使える、フリック入力もできるけどキーボードでのブラインドタッチどころか、入力もままならないということもあり、まずはパソコンの入力の仕方から学べます。

続けていくと集中力・思考力・判断力も身につきます。

トライ&エラーを繰り返し、成功するまでやるので、失敗を怖がらずにやってみる!ようになれます。

「プログラミング」は思考力も忍耐力も協調性も身につき、理数系だけでなく、論理的な思考力や問題解決能力が養われます。

IT産業は、今後も発展していく産業といわれていますが、世界的にみても日本国内でもプログラマーは不足していて、これからさらに不足していくというデータもあり、手に職をつけるという意味もあって「プログラミング」ができることは、将来的に有利になり、世界中どこでも活躍できるような人材になります。

まだまだプログラミング教室に通う子どもは少ない

「子ども向けプログラム教室」は、最近できた習い事ですし、こんな習い事があるのか!とやっと認知されてきたこともあり、実際にプログラミング教室に通っている子どもはまだまだ少ないようです。
子ども自身がどこかで知って通いたいというのは、まだまれな例でしょう。

しかし、小学校でのプログラミング教育が必修化されることが決まり、保護者のニーズもあるので、「子ども向けのプログラミング教室」の数や講義コース・コマ数はどんどん増えてきています。

今から始めれば、他の子たちよりも先行して学習できるので、スタートは早いほうがいいです。
早く始めたほうがいい理由としては、マイクロソフトの創設者ビル・ゲイツや、Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグは、中学のころには、プログラミングをしていましたし、これからのプログラミング教育の重要性を説いています。

今から「プログラミング教室」に通うと2020年度からの小学校での授業が始まるころには、もしかすると先生よりも「プログラミング」をわかっているかもしれません。

まずはプログラミング教室を体験してみよう

いろいろな教室が展開されていますが、まずは実際に体験授業を受けて教室でどんなことをしているのか雰囲気をつかみましょう。

通える教室に体験に行かないといけないのですが、特にヒューマンアカデミーは教室の教室数が多いので、お近くの教室での体験授業を申し込んで、受けてみましょう。

随時体験教室が開催されていて、スマホでも簡単に体験の申し込みができます。

(ヒューマンアカデミーのロボット教室は全国に1100教室以上があり、日本最大級のロボット教室です。)

全国に教室があり100以上も教室があれば、自宅近くに教室があったりするので、通学も簡単です。

体験は「ロボット教室」「こどもプログラミング教室」のコースがあり選択できるので、お子さまの興味があるほうを受講してみてください。

お子さまが「体験授業が楽しかったので続けたい!」となったら本講座もお考えください。

「ロボット教室(月2回)」は5つのコースがあり、徐々に学べるようにコース別けされています。

プライマリーコース(12か月):未就学児(5・6歳)のお子さまのスタートコース

ベーシックコース(18か月):小学校低学年から高学年のお子さまのスタートコース

ミドルコース(18か月):ベーシックコース修了後のコース

アドバンスプログラミングコース(24か月):ミドルコース修了後のコース

ロボティクスプロフェッサーコース:小学校高学年から中学生向けの本格的な専門知識を学べるコース

「こどもプログラミング教室(月2回)」

パソコンを操作し、プログラム作成・改造し、みんなの前で発表もするので表現力も身につきます。1サイクル3か月を1年間で4サイクル実施し知識・スキルの定着をさせます。

ヒューマンアカデミーは以前から、大人向けのプログラミング講座をやっているので、ノウハウの蓄積もあり、教材にも活用されています。

お子様の以外な才能が発揮されるかもしれませんので、一度「体験教室」へ行ってみましょう。

お友だちWキャンペーン実施中です。(3/31まで)

お友だちと同時入会されると図書カード¥3,000-(双方に¥1500-)

兄弟で入会されると図書カード¥6000-(双方に)¥3000-

在校生から紹介してもらうと¥3,000-(双方に¥1500-)

※体験授業は保護者の同伴が必要です。