月謝が高いロボット教室に格安で通う方法

こんにちは。小学生向けのロボット教室でロボット作りとプログラミングを教えているトーマです。

ロボット教室に通おうと思っても月謝や初期費用が高いと思って諦めていませんか?

今回は、月謝が高いロボット教室でも格安で通う方法をご紹介します。

ロボット教室の初期費用と月謝が高い理由とは?

そもそもロボット教室の初期費用と月謝はなぜ高いのでしょうか?その理由を解説します。

初期費用にはロボットキット代が含まれる

ロボット教室の初期費用は高額です。入会初月に10万円近く必要になるロボット教室もあります。

どれくらいかかるかというとこれくらい

入会金 約1円から1.6万円
ロボットキット代 約3万〜6万円

入会するためにはまずこのお金が必要になります。

これに加えて、初月の月謝が必要です。どれくらいかというと、これくらい

授業料
  • 月2回:約1万円
  • 月4回:約1.5万円
  • 月8回:約4万円
テキスト代
  • 約1,000円(※授業料に含まれる場合あり)
維持費
  • 約1,000円(※授業料に含まれる場合あり)

全て合計すると初月に10万円くらいしちゃいます。かなりの大金なので、ロボット教室への入会ハードルが上がるのも無理ありません。

しかしよく考えると、初期費用の内訳は初月の月謝を除くと入会金とロボットキット代です。しかも、ロボットキット代が大半を占めます

ロボット教室の多くはレゴ社のレゴマインドストームEV3を使っています。

レゴマインドストームEV3教育版

この教材は、初心者でもロボット作りとプログラミングを基礎から学ぶことが出来るように必要なパーツが全て揃っています。「レゴマインドストームEV3はどんな教材?ロボット教室で使われる理由」や「レゴマインドストームEV3には価格の違う2種類がある!教育版と玩具版の違いとは?」で詳しく説明しているので読んでみて下さい。

このマインドストームEV3はかなり5万円以上する高額な製品なので、初期費用が高くなってしまうのです。

月謝が高いのは長時間の個別指導形式だから

ロボット教室の月謝は毎月1万円から4万円までとかなり高い印象を持っていると思います。たしかに、そろばんやスイミングと比較すると高いですが、それにも理由があります。

ロボット教室の月謝が高いのは授業時間が長く、個別指導を行っているからです。

ロボット教室ではロボットの組み立てとプログラミングの両方を学ぶ必要があります。授業の内容の説明をして、ロボットを組み立てて、プログラミングをして動かして、改良する。この作業を時間内に行う必要があるので、授業時間が長くなるもの納得できるはずです。

また、ロボットを作る時間やプログラミングの理解度も子供によってかなり差が出てきます。先生が一人だけで授業を進めるタイプの授業では細かなフォローができません。そのため、多くのロボット教室では個別指導で授業を進めています。

ロボット教室の授業時間は1コマ90分から180分で行うのが一般的です。そのため月謝が高くなるのです。

ロボット教室に格安で通う方法とは?

ロボット教室の初期費用を月謝が高い理由がわかったと思います。そうは言っても、初月に10万円以上必要となるのは代わりありません。ロボット教室に格安で通う方法をご紹介します。

通いやすいロボット教室はココだ!

ヒューマンアカデミーのロボット教室

ロボット教室に格安で通うためにはヒューマンアカデミーのロボット教室がオススメです。

初期費用は入会金とロボットキット代を含めて約5万円
毎月の月謝は1万円

どうですか?ロボット教室って高いというイメージなのにこれならかよえそうですよね?

でもどうしてこんなに安く通えるのか逆に心配になってきますよね?その理由についてご説明します。

オリジナルキットを使っている

ロボット教室の初期費用が高額になるのは高額なレゴマインドストームEV3を教材に使っているからと説明しました。

ヒューマンアカデミーのロボット教室ではロボットクリエイターの高橋智隆先生が監修したオリジナルのロボット教材を使っているので、ロボット代を安くすることができています。「ヒューマンアカデミーのロボット教室の使用教材は?プログラミングはどうするの?」で詳しく説明しているので、読んでみて下さい。

このロボット教材を使えば、ギアの組み合わせやセンサーの働きで動くロボットを自由に組みててることができます。

たとえばこんなロボットも作ることが出来るのです!

全国に1,200教室以上で展開しているので指導ノウハウがある

ヒューマンアカデミーのロボット教室は全国に1,200以上の教室を展開しています。その他のロボット教室と比較してもダントツの教室数を展開しています。

多くの子どもたちにヒューマンアカデミーのロボット教室に通ってもらっています。大規模で教室展開しているので先生の指導方法がしっかりと確立されています。

ロボット教室以外のもスクールを開いているから

ヒューマンアカデミーの本業は資格取得を目的とする社会人向けのスクールです。スクールの一貫として子供向けロボット教室を運営しています。

そのため、すでに多くの教室が日本各地にあるので、ロボット教室を新たに出店するための費用を安く押さえることができています。

その他のロボット教室は新たに教室を開校した場合は、新規にテナントを借りたり内装を整えたり机を用意したりと多くの費用が必要になります。特にロボット教室ではパソコンやタブレットを使用するので1教室を開校するためには300万円近く掛かります。

ヒューマンアカデミーのロボット教室は開校費用がほぼ無料になるので、ロボット教室に通う保護者の負担も軽くなるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

初期費用や月謝が高いというイメージのロボット教室なので、子どもを通わせたくても通わすことに躊躇しますよね。そんなロボット教室に格安で通うためには、ヒューマンアカデミーのロボット教室をオススメします。

ヒューマンアカデミーのロボット教室は月謝が高いイメージのロボット教室に格安に通うことができます。

全国に1200教室以上展開しているので、家の近くにもロボット教室があるはずです。