クレファスのキックスジュニアエリートの授業内容を詳しく解説
おなやみさん

クレファスのキックスってどんな授業なの?

先生

キックスは小学校1年生と2年生専用のカリキュラムです。ロボット作りとプログラム作りを同時に学ぶことができます。

クレファスにはクレファスコースとキックスの2つのコースがあります。

クレファスコースは、レゴマインドストームEV3を使って自動探査ロボットやサッカーロボットを作ります。

プログラミングもそれなりに難しいので、クレファスコースは小学3年生以上が受講できます。

小学1年生と2年生にはキックスコースが用意されています。

キックスコースの教材はレゴエデュケーションWeDo2.0を使います。

動物や乗り物などを作りながらプログラム作りを行います。

今回は低学年専用のキックスコースについてご紹介します。

キックスコースを徹底解説

キックスコースについて初心者でもわかるように徹底解説します。

キックスの中にある3つのコース

キックスになる3つのコース
  • ベーシック:年長
  • スタンダード:小学1年生
  • アドバンス:小学2年生

キックスジュニアエリートの中には学年ごとに3つのコースが用意されています。

好きなコースを選べることはできずに、学年によって自動的にコースが決まります。

授業時間は50分

キックスの授業システム
  • 授業時間:50分
  • 授業回数:週1回
  • 授業スタイル:集団授業

小学校の授業時間とほぼ同じなので、低学年の子供でも集中して最後まで授業を受けることができます。

50分の中でロボットを作ってプログラミングを行うので、密度の濃い授業を行っています。

先生

授業時間が足りなくなる事がよくありました。

授業は学校と同じような集団授業で進みます。

教室には先生の他にサブ講師がいます。途中でわからなくなった生徒を手厚くサポートしてくれます。

ロボット教材はレゴエデュケーションWeDo2.0

「レゴエデュケーションWeDo2.0」を使って授業を進めます。

低学年用と思うかもしれませんが、ポテンシャルはかなりあります。

レゴエデュケーションWeDo2.0の中には、基本パーツの他に、モーター、モーションセンサー、チルトセンサーなどが入っているので、本格的なロボットを作ることができます。

プログラミングの方法

プロウグラミングはスクラッチのようにとっても簡単です。

ブロックを並べるようにして作るだけです。

パソコンを使わずにタブレットを使うので、キーボード操作の必要もありません。

小学1年生でも簡単にマスターできます。

月謝/入会金

月謝/入会金
  • 月謝:10,800円(税込み)
  • 入会金:10,800円(税込み)
  • ロボットキット代:26,620円(税込み)

キックスジュニアエリートの月謝は約10,000円です。

月謝には、テキスト代やタブレットのレンタル料などが含まれています。

入会時にレゴエデュケーションWeDo2.0を購入する必要があります。一度購入すると小学2年生が終わるまで使うことができます。

授業の内容

授業の内容は、生き物、遊園地、宇宙、物流などのテーマを扱います。

生き物の単元であれば、魚類、両生類、は虫類、鳥類、哺乳類などの違いを学びます。
生き物の種類を学んだ後は、組み立て書に従って魚やカエル、トリやライオンなどを作ります。

遊園地の単元では位置エネルギーや回転エネルギーなど学びます。
トルネードマシンやメリーゴーランドを作って、ギアを使った回転の仕組みを学ぶことができます。

物流の単元では、リンゴを収穫してから食卓に届くまでの仕組みを学びます。
収穫されたリンゴはコンベアで運ばれて、トラックに荷積みされます。トラックでスーパーまで運ばれて初めて消費者の手元に届く。
物流を通して社会の仕組みを学ぶことができます。

ロボットを作った後は、動かすためにプログラミングをします。

一回の授業では時間が足りなくなるので、2回に分けて授業が進みます。

キックスコースのよくある質問

僕がキックスでの授業をやっていて、保護者の方から受けた質問をご紹介します。

授業はみんなで同じものをつくるのですか?

授業ではみんなが同じものをつくります。

キックスの授業は集団授業なので、先生の指導の元、テキストに従ってロボットを作ります。

テキスト見ながら作るので全員同じロボットを完成されます。

作ったロボットは性能アップをするために、改造することを推奨されます。

改造の方法はテキストに書いていないので、子どもたちの想像で自由に作ってもらいます。

最終的には、全員が全く違ったロボットになります。

発表会はありますか?

発表会は半期に一度行います。

キックスの授業回数は年に40回ほど予定されています。

そのカリキュラムで、「発表会をしよう」という授業があります。

子どもたちが授業で学んだことや作ったロボットの説明をします。

発表をするために子どもたちはポスター作りや原稿作成、プレゼン練習などを行って本番に望みます。

うちの子でもできますか?

できます!

キッキスに入会してくる全員がプログラミング初心者です。

だれもプログラミングを行ってことがないまったくの初心者状態ですが、3ヶ月通っていれば自由にプログラムを作ることができるようになります。

プログラミングの方法はテキストにわかりやすく説明されているので、簡単に作ることができます。

キックスは小学1年生にマジでおすすめ!小学2年生は様子見すべし

キックスは小学校2年生までが入会できる低学年専用のコースです。

クレファスの先生だった僕から言わせると、キックスは小学校1年生にマジでおすすめです!
逆に、小学2年生の息子さんの場合はキックスコースの入会は慎重になったほうがいい。

理由はロボット教材です。

ロボット教材はレゴエデュケーションWeDo2.0を小学2年生まで使います。逆に言えば、小学3年生になると別の教材を購入する必要があるってこと。

つまり、小学2年生で入会した場合、2年連続でロボットキットを購入する必要があります。

クレファスのロボット教材は高いので、家計への負担も大きくなります。

1年生で入会すると、購入したロボット教材を2年間使うことができるので、ロボットの費用対効果も高いと言えます。

先生

小学1年生でロボット教室を探しているならキックスコースがおすすめです。

まとめ

クレファスの低学年向けのコース、キックスジュニアエリートについてご紹介してきました。

キックスについて知らない人や、小学1年生、2年生の息子さんがいるお母さんにとってためになったでしょうか?

ここまで紹介してきた内容をまとめます。

キックスになる3つのコース
  • ベーシック:年長
  • スタンダード:小学1年生
  • アドバンス:小学2年生
キックスの授業システム
  • 授業時間:50分
  • 授業回数:週1回
  • 授業スタイル:集団授業
月謝/入会金
  • 月謝:10,800円(税込み)
  • 入会金:10,800円(税込み)
  • ロボットキット代:26,620円(税込み)

この記事をしっかりと読めば、あなたはこれ以上キックスについて知ることはありません。

あとは、体験授業へ参加して教室の雰囲気や先生との相性などをチェックするだけです。

家の近くの教室を探す