ヒューマンアカデミーのロボット教室の使用教材は?プログラミングはどうするの?

ヒューマンアカデミーのロボット教室で使う教材は?

ヒューマンアカデミーで使われている教材は、ヒューマンアカデミーオリジナルロボットキットとオリジナルテキスト。

ロボットクリエイターで有名な高橋智隆氏が発案、監修しています。

この1つのオリジナルロボットキットで製作できるロボットは、全部で60体。

1つのオリジナルロボットキットで、60体ものロボットを製作できるとは、すごいですね。

 

そして、ヒューマンアカデミーのロボット教室では全コース同じこのオリジナルロボットキットを使用しています。

 

高価なイメージのロボット教材。

コースが変わるたびに追加でロボットキットの購入がないのは、魅力的ですね。

ヒューマンアカデミーで何が作れるの?

ヒューマンアカデミーの授業は、4つのコースに分かれており、順番に進級していくコースとなっています。

全てのコースで、同じオリジナルロボットキットを使います。

授業は月2回

1回目はテキストを見ながら、ロボットを製作します。
2回目は1回目で製作した基本製作ロボットをもっと速く走らせるには?もっと力を強くするには?などオリジナル仕様にしていきます。

オリジナル仕様では、人それぞれ動きが異なるロボットになり、他の人の作品を見て、さらに習得するものがたくさんあります。

そして、授業で製作したロボットは、家に持ち帰ることができ、さらにオリジナル仕様にできます。

家でもロボット製作の続きができるのは、嬉しいですね。

 

また、最初の3コースでは、ロボット製作のみ。

最後の1コースで、ロボット製作+プログラミングとなります。

ここで、各コースでの製作するロボットの例をいくつか紹介します。

プライマリーコース(1年間)

1か月にロボット1体ずつ製作、1年間で計12体を製作します。今後の基本となるロボットを製作していきます。

ロボダック

アヒル型ロボット。
ギアの力で足が持ち上がり前に進みます。アレンジ次第で羽も動くように。

SLロボロコ

蒸気機関車ロボット。
本物の蒸気機関車のようにピストンを動かしているように車輪が動きます。

モッテククン

荷物運びロボット。
モッテククンの手に荷物をのせると荷物を運んでくれます。

チャリダー

自転車ロボット。
人が自転車に乗り、自転車をこぐように、足の部分が動くロボット。

リトルドッグ

かわいい犬型ロボット。

ベーシックコース(1年6か月間)

1か月にロボット1体ずつ製作、1年6ヶ月をかけて計18体のロボットを製作します。
さまざまなバリエーションを持ったロボットを製作していきます。

モッテクテク

からくり人形の「茶運び人形」をモデルにしたロボット。

ガタゴトレスキュー隊

段差があるところを乗り越えられるようなロボット。

ロボクリーン

自動でお掃除するロボット。
ゴミをもっとたくさんきれいに集めるにはどうしたらよいか?スピードは変えられるのか?
快適なお掃除ロボットに改造してみよう。

横綱ロボ

相撲を取る2足歩行ロボット。

ロボフィッシュ

体を左右に動かす魚をモチーフにしたロボット。

ミドルコース(1年6か月間)

1か月ににロボット1体ずつ製作、1年6ヶ月をかけて計18体のロボットを製作します。
ベーシックコースよりさらに高度なロボットを製作していきます。

アームロボット

宇宙空間での作業のように、人間の力ではできない作業をこなす時に使われるロボットアーム。

ロボワン

4足歩行の犬型ロボット。
ロボワンの口元を近くで触ると立ち止まります。

ウォールフォロワー

壁に沿って走るロボット

ロボベータ―

自動エレベーター。一番上までのぼったら自動で止まり、下におりても自動でストップ。

シュート君

足の動きに連動し、腕や胴体も動くキックロボット。

アドバンスプログラミングコース(2年間)

1年をかけて計6体のロボットを製作します。
そして、アドバンスプログラミングコースでいよいよプログラミングがスタート。

アドバンスプログラミングコースではミドルコースまでのロボットにはなかったプログラミング加わります。

光センサーや音センサーの制御が加わり、さらに自律的な賢いロボットを製作することができるようになるのです。

実験や観察の内容もより高度になり、グループで話し合いながら到達目標を明確にして改造を行います。

 

プログラミングには、文字入力が不要なソフトウェア「アドプログラマー」と専用タブレットを使用します。

「アドプログラマー」は、ヒューマンアカデミーオリジナルのソフトウェアです。

文字列を使ったコーディングの必要はなく、「アドプログラマー」上でプログラミングブロックをつなぎ合わせていくだけ。
これだけの操作でプログラム経験がない子どもでも簡単にプログラミングを視覚的、直感的に学べます。

パソコンでのプログラミングのようにキーボードの入力は不要なので、子どもでも気軽にプログラミングを学べますね。

木琴ロボ

移動しながら木琴を叩き音楽を奏でるロボット。横移動と腕の振り降ろしの動きを組み合わせて、自分の好きな曲を演奏してみましょう。

ライントレーサー

黒い線を走っていく車ロボット

二足歩行ロボ

左右に重心移動しながら二足歩行をするロボット。重心移動の動きと足の動きをタイミングよく合わせることがポイントです。

ピッキングロボ

物を掴んで運ぶロボット

犬とトレーナー

犬と連動して歩く人のロボット

ヒューマンアカデミーのロボットの価格は?

ここまでで、ヒューマンアカデミーのオリジナルロボットキット1セットでどれだけのロボットが製作でき、魅力的か伝わりましたか。
これだけのボリュームを学べるとなると、お値段も高いのでは?と思ってしまうかも知れませんね。

大丈夫です。

ヒューマンアカデミーのオリジナルロボットキットは、1セットで30,780円です。

これを一度購入すれば、途中で追加パーツの購入をする場合もありますが、基本的にはこれ以上の費用はかかりません。

 

全コースを通ったとして、6年間

6年間でこの金額の教材代は、嬉しいですね。

ヒューマンアカデミーの教材を使うにはどうすればいいの?

ヒューマンアカデミーではこのように魅力的なロボットとプログラミングの教材を使ってプログラミングを学んでいきます。

これらは、ヒューマンアカデミーオリジナルのため、ヒューマンアカデミーでのみ入手ができ、もちろん店頭やネットでの販売はしていません。

 

まずは、お近くのヒューマンアカデミーのロボット教室で、体験授業をしてみてはいかがでしょうか。

 


 

 

体験授業では、日ごろの授業の中に入り、一緒にロボット製作をしますので、普段の授業雰囲気が分かります。

ロボット製作とは?オリジナルロボットキットとは?が体験できます。

もちろんロボット製作が初めてのお子さんでも、しっかりとサポートし、教室の生徒さんと同じように教えてくれます。

 

ほとんどの教室が無料体験ですので、お気軽にお子さまと足を運んでみてはいかがでしょうか

そして、ロボットを製作し、動かすお子さまの様子を見てませんか。いつもとは違う、目を輝かせているお子さまの姿が見れるかも知れません。

全国各地1100教室のあるヒューマンアカデミー。
幼稚園や学習塾などで教室を開催しているところもあります。

申し込みは、電話だけではなく、WEBからいつでも申し込み可能です。

もちろん体験だけでも大丈夫です。
しつこい勧誘や営業はないので、ご安心ください。

まとめ

ヒューマンアカデミーでは、オリジナルのロボットキットを使用。

最初はじっくりとロボット製作。

その後、ロボット製作に慣れてきたところで、プログラミングによって自立的に動くロボットを作り上げていきます。

プログラミングの教材もオリジナル。

オリジナルの教材を使用し、オリジナルの学び方のヒューマンアカデミー。