月謝が高いプログラミング教室に格安で子どもを通わせる方法

どんな家庭がプログラミング教室に通っているの?

子どもの習いごと、いくつしていますか?

毎月いくら月謝かかっていますか?

子どもの習いごとは、スイミング、ピアノ、英会話、習字、サッカー…たくさんありますね。

 

最近、注目を集めている習いごとのひとつに、プログラミング教室があります。

2020年度から小学校でも必須科目となるプログラミング。

これからさらにプログラミング教室は増えていくでしょう。

 

プログラミング教室というと、他の習いごとよりも月謝が高いというイメージを持っていませんか?

月謝は各教室で様々ですが、プログラミング教室の月謝は15,000円前後が相場と言われています。

世帯年収が高い家庭ほど、習いごとの費用が高くなる傾向があります。(文部科学省「子供の学習費調査」を参照

プログラミング教室は、費用がかかるため、世帯収入が高い家庭が通っていることが多いようです。

 

子どもがプログラミング教室に通いたい、親が通わせたいと思っても、費用を考えると・・・。

プログラミング教室を子どもに習わせる前にじっくり検討して判断したいですね。

プログラミング教室の費用ってどれくらい?月謝を比較

月2回授業の教室の場合

月合計     月謝   テキスト代 教室運営代
—————————————————
ヒューマンアカデミー 10,260円    9,720円   540円
エジソンアカデミー  10,000円程度
(教室ごとに異なります)
リタリコワンダー   14,580円   11,880円 1,080円 1,620円

月4回授業の教室の場合

月合計     月謝   テキスト代 教室運営代
—————————————————
リタリコワンダー   23,220円   19,440円 2,160円 1,620円
クレファス       11,880円   9,720円~ 1,080円 1,080円
(コースごとに異なります)

プログラミング教室に格安で通う方法

子どもの習いごとの月謝は、5,000円~20,000円台が主流で、2つの習いごとで、10,000円くらいにおさめている家庭が多いようです。
RECRUIT「ケイコとマナブ」での調査を参照

例えば、

  • スイミング 週1で月6,000~7,000円
  • ピアノ   週1で月7,000~10,000円
  • 英会話   週1で月6,000~8,000円

これらと比較しても、「プログラミング教室の費用ってどれくらい?月謝を比較」でも説明をしたとおり、プログラミング教室は月謝が高めと言えますね。

プログラミング教室は、月謝以外にテキスト代や教材費も別途かかり、教室やコースによっては、さらに+αかかる場合もあります。

通い始めるのに費用が10万円以上かかる教室もあります

 

色々調べていくと、プログラミング教室は高額な習いごと…となり、敬遠してしまいますかね。

 

「せっかく子どもがやる気になっているのに、こんなに高額な月謝では通えないわ」

そんな心配をしているあなた。安心して下さい。

 

プログラミング教室についてきちんと調べていけば、月謝を抑えて通うことが出来る方法があります。

 

プログラミング教室で、教室ごとに大きく異なるのは教材費です。

プログラミングを学ぶには、ロボットを製作する費用のロボットキット代、ソフトウェア代などがかかります。

コースごとに教材を購入する教室も多くあります。

 

そこでお勧めのプログラミング教室は、ヒューマンアカデミー。

ヒューマンアカデミーのロボット教室

ヒューマンアカデミーでは、ロボットキットを全コース同じロボットキットを使用するため、入会時に1度ロボットキットを購入するだけでいいんです。
※ただし、最終コースのみ追加キットの購入がありますが、その時だけです。

ヒューマンアカデミーについては、「全国展開している子ども向けロボット教室ヒューマンアカデミーの特徴は?」で詳しく説明しています。

 

それから、ヒューマンアカデミーは、全国各地に1100以上の教室が展開されています。(2018年3月時点)

自宅から近くの教室に通うことができ、交通費を抑えることができるのも魅力の1つです。

もちろん移動時間も抑えらられますよ。

習いごとは送迎もありますので、教室を選ぶポイントとして、こういう点も大事ですよね。

できる限り抑えられるところは、抑えたいですよね。

まとめ

現在、全国的に子ども向けのプログラミング教室が増加。

他の習いごとに比べると、少し高めの費用がかかるプログラミング教室。

全国展開のヒューマンアカデミーは、初期費用も月謝も安い。

そして、自宅から近くの教室に通うことができ、交通費も移動時間も抑えられますよ。