ロボット作りとプログラミングも学べるのが特徴のエジソンアカデミー

エジソンアカデミーの特徴は?

ロボットの組み立てと、プログラミングの両方ができます。

マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたソフトを採用。小学生でもわかりやすくプログラミングができます。

ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、まず、どのような命令が必要か考え、その命令を効率良く順序立てて並べていきます。

筋道を立てて考える必要があるため、論理的に考える力が身につきます。

また、頭の中のイメージをそのまま形にすることができるため、 ゼロからモノを生み出す力、オリジナリティあふれる作品を作成する創造力を養います。

学校教材・教育玩具メーカーのオリジナル教材を使用し、「やる気」を引き出すレベルアップ方式のカリキュラムです。

エジソンアカデミーはどんな教材を使うの?

学校教材・教育玩具メーカーのオリジナル教材を使います。

テキストは、小学生でもプログラミングの概要が理解できるように詳しい解説を記載しています。

プログラミングの基礎をじっくり学習できます。
また、ロボットの構造やセンサーの仕組みなどを学ぶページもあり、楽しみながら様々な知識を吸収できるようになっています。

エジソンアカデミーの対象年齢は?どんなコースがあるの?

対象年齢は小学3年生~ですが、教室によっては、それ以下の年齢も受け入れ可能な場合もあります。

12のレベル×3ステップのトータル36テーマで構成されています。
授業は1カ月1テーマのペースで進み、少しずつレベルアップしていきながら、3年間で36テーマを学習していきます。

1年目

レベル1「信号機」→レベル2「レイントレースカー」→レベル3「自動制御アームロボット」→レベル4「飛行機発射マシン」

2年目

レベル5「リンク機構で4足歩行」→レベル6「歩行ロボットの基礎」→レベル7「反射神経ゲーム」→レベル8「8軸2足歩行ロボット」

3年目

レベル9「こっちおいでペットロボット」→レベル10「音と光のリズムゲーム」→レベル11「お絵描きロボット」→レベル12「ブロックキャッチャー」

エジソンアカデミーの口コミは?評判は?

保護者からの評判

[voice icon=”https://robogime.com/wp-content/uploads/2018/03/mother-44.jpg” name=”小学1年生のお母さん” type=”r”]使用している教材が世界的に厳しいと言われているヨーロッパの安全基準を満たしたものなので、クオリティの高い作品作りを入会してすぐに実践できます。

家にあるレゴやラキューとは違いどんどんアイデアが浮かぶので面白いものを作って持ち帰ってきますよ。
教材費はその分高いですが内容は満足できるものになっています。[/voice]

[voice icon=”https://robogime.com/wp-content/uploads/2018/03/mother-24.jpg” name=”小学3年生のお母さん” type=”r”]アーテックエジソンアカデミーは8歳以上の生徒しかいないので楽しい授業中でも集中する時は静かに黙々と作業できる環境があります。小さいお子さんが泣いてしまったり物を落としたり集中力が途切れるようなことはありません。色々なスクールを見学しましたがここが一番静かで生徒さんが真面目に取り組んでいる印象だったのでここに決めました。[/voice]

[voice icon=”https://robogime.com/wp-content/uploads/2018/03/mother-43.jpg” name=”小学3年生のお母さん” type=”r”]「ロボット作り」と「プログラミング」の両方を同時に学べるというのがメリットではないかと思います。文部科学省が考えている「プログラミング教育」では、どちらかと言うと「プログラミング」に重点が置かれると思われますし、単なるロボット教室に通うよりも役に立つように思います。[/voice]

 

[voice icon=”https://robogime.com/wp-content/uploads/2018/03/mother-09.jpg” name=”小学3年生のお母さん” type=”r”]「ロボット作り」と「プログラミング」の両方を同時に学べるというのがメリットではないかと思います。

文部科学省が考えている「プログラミング教育」では、どちらかと言うと「プログラミング」に重点が置かれると思われますし、単なるロボット教室に通うよりも役に立つように思います。[/voice]

[voice icon=”https://robogime.com/wp-content/uploads/2018/03/mother-18.jpg” name=”小学1年生のお母さん” type=”r”]体験教室に参加したらしつこく入会しないかと迫られました。

テレビを見て興味を持ちどうゆうものかだけ知りたくて軽い気持ちで参加したので、入会は考えていなかったんです。他の教室との違いや魅力を熱く語られ少し迷惑でした。[/voice]

エジソンアカデミーの入会金は?月謝は?

基本的に料金は教室ごとに異なります。

入会金

基本的にはありませんが、教室によっては5,000円~10,000円程度。
ロボットキット代は、20,000~50,000円程度。

※体験教室参加後の入会の場合、入会金が半額や無料になる場合もあります。

月謝

10,000円程度

エジソンアカデミーの授業内容は?カリキュラムは?

授業回数は月2回、1回の授業は90分です。

12のレベル×3ステップのトータル36テーマで構成され、1カ月1テーマのペースで進み、3年間で36テーマを学習していきます。

1回目:基礎編(90分)

自立学習用の写真入りカラーテキストで、まずはテキストどおりのロボット組み立てとプログラミングをします。

2回目:応用編(90分)

基礎編で学んだプログラミングを活かして応用編のミッションをクリアし、独創性あふれる自分だけのロボットを作ります。
組立説明書等はなく、自分だけでしっかりと考える必要がありますが、応用編の多くはゲーム形式のため、楽しみながら繰り返しチャレンジできます。

わかりやすいテキストを使ってロボットの組み立てとプログラミングを行ったあとは、各テーマごとに設定された課題に挑戦します。
課題に取り組む中でロボットがイメージ通りに動かない ときに「なぜ動かないのか」原因を分析し、「どうすれば動くのか」解決策を考え・実行することで問題解決力が養われます。

エジソンアカデミーはどんなところでやってるの?教室数は?

開催場所:塾やパソコン教室、英会話教室などの一部

教室数:西日本を中心に全国750以上(2018.03現在)

まとめ

ロボットを作りながらプログラミングを学び、子供に自分で考えて行動する力を養うことを目的としています。

基礎からステップを踏んで学習できるオリジナル教材を使うのでロボット作りが初めての方でも安心です。

エジソンアカデミーは、論理的思考力を高めるプログラミング環境が整っている教室です。