クレファスでは学ぶプログラミングは小学生でも簡単!

ロボット教室を小学生の息子に習わせようと思ってロボット探しをしているお母さんが気になることは、「うちの子でもプログラミングできるのかしら・・・。」ってことではないでしょうか?

プログラミングって頭のいい人がやっているイメージだし、プログラミングをやったことがない小学生がいきなりプログラミングって不安しかない・・・。

僕がクレファスで先生をやっていたときにも「プログラミングができるか心配」という相談をたくさんありました。

このような悩みを持っているお母さんたちには、実際にクレファスでやっているプログラミングを紹介すると安心してくれました。クレファスで学ぶプログラミングは本格的ですが、とっても簡単に学ぶことができることを納得してくれました。

そこで、今回はクレファスではどんなプログラミングをやっているかご紹介します。

クレファスで学ぶプログラミングをご紹介

クレファスで使っているプログラミングについてご紹介します。

専用アプリをインストール

クレファスではロボット教材にレゴから発売されているマインドストームEV3かレゴエデュケーションWeDo2.0を使います。

どちらも専用のアプリがあるのでそのアプリをインストールして使います。ウィンドウズでもマックでもタブレットでも対応しています。
マインドストームEV3のアプリはこちらから
レゴエデュケーションWeDo2.0のアプリはこちらから

iPadやパソコンでアイコンを並べるだけ!

「マインドストーム プログラミング」の画像検索結果

こちらの画像を見てください。この画面はマインドストームEV3のプログラミングの様子です。

英語や難しいコードを書かずに、アイコンを並べるだけでロボットを動かすことができるんです。

こんなのが本当にプログラミングなの?」と思うかもしれませんが、立派なプログラミングなんです。

プログラミングにはいろんな言語がありますが、プログラミングをするための基本的な考え方は全て一緒。アイコンを正しい順番で並べることで論理的な思考力を身につけることができます。

プログラムでは主にセンサーとモーターを制御する

「レゴマインドストーム モーター」の画像検索結果

レゴマインドストームEV3にはロボットを動かすためのセンサーとモーターが入っています。プログラミングではこのセンサーとモーターを制御することで自由に動かせることができます。

レゴマインドストームEV3(教育版)に入っている部品はこちら

センサーには、ものの距離を測る超音波センサー、ぶつかったことを調べるタッチセンサー、周りの明るさを知らべるカラーセンサー、回転を調べるジャイロセンサーがあります。

モーターには、2種類のモーターが合計3つ。

センサーとモーターをコントロールする本体があります。

キーボードは使わないので、パソコンに不慣れでも大丈夫

「ipad」の画像検索結果

クレファスではプログラミングをするときにはiPadを中心に使います(教室によってはパソコンを使うところもあります)。

iPadを使うメリットはパソコンに不慣れな子供でも簡単に使うことができること。
小学生のうちはパソコンを使う機会が少ないので、マウス操作やキーボード操作が苦手な子もいます。iPadだったら、簡単に使うことができますよね。

クレファスで勉強するプログラミングの例

「マインドストーム プログラミング」の画像検索結果

クレファスで作るプログラムをご紹介します

  • 障害物の直前で停止するぶつからないクルマ
  • 重いものを釣り上げるクレーン車
  • どんな迷路でも確実にゴールにたどり着く自動迷路脱出ロボット
  • 黒い線の上だけを走るライントレースカー
  • ボールを追いかけてゴールを決めるサッカーロボット
  • 隠されたお宝を回収するトレジャーハンターロボット

クレファスではこのようなロボットを作ります。もちろんプログラミングを学び始めてすぐに作ることができません。少しづつプログラミングを勉強して作れるようになります。

まとめ

クレファスで勉強するプログラミングについて紹介していきました。

子供がプログラミングが初めてでロボット教室に入会することをためらっているお母さんでも、少しはクレファスのプログラミングについて理解できましたよね。

まとめるとこんな感じ。

  • クレファスのプログラミングは専用アプリを使う
  • アイコンを並べるだけのプログラミング
  • プログラミングの基礎をしっかり学べる
  • iPadを使うので操作が簡単
  • たくさんのロボットを作るので楽しい

クレファスに入会するほぼすべての子供はプログラミング未経験。そんな子たちでも、クレファスで学べば楽しくプログラミングを身につけることができるんです。

どうですか?すこしは不安も解消されたでしょう?不安が軽くなったら次はクレファスの教室で体験授業を受けてみましょう。
授業を体験すれば、クレファスの雰囲気もわかります。

クレファスの体験授業は下のバナーから申し込むことができます。
ぜひ見てみましょう!