クレファスには4月入会がおすすめ!通年授業で基礎から理解できる

小学校でのプログラミング教育が必修化されるので、ロボット教室は大人気になっています。子供への新しい習い事にロボット教室を考えている人も多いはずです。

数あるロボット教室からクレファスを選んだ場合、4月から入会が一番オススメです。もちろん4月じゃないと入会できないってわけではありません。
5月でも9月でも好きなときに始めることができますが、4月がベストな理由をご説明します。

クレファスに4月に入会するメリット

僕が4月入会をおすすめするには理由があります。クレファスに4月に入会するメリットをご説明します。

カリキュラムで用意された全ての授業を受けることができる

クレファスの授業は4月スタートして、3月までの12ヶ月で年間を通して約42回の授業を行います。4月から入会すると第1回の授業からすべての授業を受けることができるのです。

もちろん途中からクレファスに入会できますが、その場合すべての授業を受けることができず、途中からの参加になってしまいます。

ロボット作りの基礎からじっくりと学ぶことができる

4月入会をすることで、クレファスのカリキュラムのすべての授業を受けることができます。4月5月6月の前半ではモーターの動かし方、強いロボットを作るための構造などロボット作りの基礎を学びます。

4月からスタートするとこの基礎的な内容をじっくりと時間をかけて学ぶことができ、今後のロボット作りに応用できるようになります。

4月以外の途中入会の場合は基本的な部分を学ばない可能性もあるのです。

クレファスでは3月に春季講座が開講する

クレファスでは4月に授業が一斉にスタートするので、生徒の大半が4月入会です。
クレファス側としても4月入会をオススメしているので、4月に入会しやすいように3月の春休みに春季講座が開講されます。

クレファスの春季講座についてご説明します。

春季講座は4月入会にむけた内容

クレファスの春季講座は3月から4月の春休み中に開催されます。
内容は全8回(小2以上)または5回(小1まで)の少ない回数の集中コースです。

プログラミングやロボット作りがはじめての子供に向けた内容。

モーターの動かし方、ロボットの組み立て方、テコの原理など簡単な内容ですが、かなり深掘りするのでやりがいは十分

4月から入会を考えている場合は、春季講座の受講をおすすめです。

体験授業を受けてみよう

クレファスに入会する場合は4月がおすすめということでご紹介してきました。

しかし、ロボット教室へ入会する前には必ず体験授業を受けましょう!

体験授業を受けることで、その教室の雰囲気や先生の人柄を知ることができます。

クレファスの体験授業は無料で受けることができるので、少しでも興味が持ったらぜひ受けましょう!