教室選びは最初は何をすればいいの?子どもプログラミング教室の選び方

子どもの興味を知る

プログラミング教室というと、子どもにとっては「プログラミング?」「何をするの?」かも知れませんね。

そして、親にとっては、パソコンを使って、ひたすらキーボードでの文字入力をしている難しいイメージをしていませんか。

 

私の教室に問い合わせをくれるなかで、特にお母さん達に多い例がコチラ

「プログラミング???それって何するの?」

「プログラミング教室は何をする所?」

 

 

子どものプログラミング教室では、子どもが分かりやすく、興味を持てるよう、楽しく続けられるよう、学べる環境になっています。

イメージしているような難しいことはしていません!

 

プログラミングを学ぶというよりは、遊び感覚の授業になっています。

きっと、ブロックで遊ぶことが好きな子、パズルが得意な子は、プログラム教室で楽しめるはずです。

「ブロックでもっと楽しいロボットを作ってみる?」

「自分が作ったロボットを動かせたら、楽しそうだね?」

「パズル遊びをして、ゲーム作ってみる?」

 

などと聞いてみませんか?

きっと、子どもは目を輝かせて、「やってみる!」「やってみたい!」と答えるかも…。

プログラミング教室を選ぶ

プログラミング教室は、教室により教え方がいろいろあり、大きく2つの教え方「ブロックを使用し、ロボットを製作する教室」と「アプリを使用し、プログラミングをする教室」に分けられます。

どちらの教え方も自然にプログラミングに必要な力が身につく教え方です。

ブロックを使用し、ロボットを製作する教室

ロボットを製作=プログラミング?

細かいブロックを使い、ロボットを製作するということは、簡単なことではありません。

試行錯誤し、ブロックを組み立て、ロボットを製作しますので、「集中力」や「観察力」「創造力」がついていきます。

いつも遊んでいるブロックと同じはずなのに、プログラミング教室で触ると…違った完成品が!

それから、ロボットは立体。

頭の中で考えていることを立体にすることで、「空間認識力」もついていきます。

アプリを使用し、プログラミングをする教室

アプリは、積み木やパズルを組み立てるように、ブロックを組み合わせるだけの簡単なもの。
子どもが学ぶために簡単な画面になっており、マウスのみで操作ができるようになっています。

学ぶというよりは、パズルを組み合わせて遊び、自分の思い描いている作品を製作しているイメージです。

組み合わせを考えながらパズルを行うので、「発想力」や「問題解決力」「論理思考力」などがついていきます。

どちらの教え方も、子どもは、プログラミングの力を身に着けることなど意識せず、ただただ夢中になり授業を受けることでしょう。
それでいいんです。
夢中になることが大事なんです。

夢中になることで、自然にさまざまな力が身についていきます。

そして、これら2つの教え方をしている教室があります。

それは、「ヒューマンアカデミー」です。

ヒューマンアカデミーでは、全4コースあります。

最初3コースでじっくりとブロックでのロボット製作をして、基本的な力を身につけ、最終コースで、ロボット製作+アプリを使用してロボットを動かしながらプログラミングを学ぶカリキュラム。

そして、月2回の授業では、1回目の授業で製作したロボットを2回目の授業で改造。
別の動きに改造することで、ロボットの仕組みをより理解できるようになり、楽しさが倍増!

 

「」こちらの記事でヒューマンアカデミーのロボット教室についてかなり詳しく説明しています。

参考にして下さい。

 

 

それだけではないんです。

授業で製作したロボットは、家に持ち帰ることができるんです。
家でもロボットを触れますので、「授業だけでは物足らない!」「もっと製作したい!」という子どもの気持ちに応えてくれています。
とても魅力的ですね。

無料体験授業を申し込む

プログラミング教室について、少し分かりましたか?具体的にもう少し知りたくありませんか?

そう、そんな時は、実際に体験授業を受けてみましょう!

プログラミング教室には、体験授業を受けることができる教室が多くあります。
そして、嬉しいことに、無料で体験授業を受けられる教室も。

プログラミング教室は、高い費用がかかる習いごとのひとつ。
無料で授業を体験できるのは、とても嬉しいですね。

まずは、お気軽に無料体験授業の申し込みをしてみては、いかがですか?

無料体験の内容は?

無料体験授業といっても、何をするか少し気になりますかね。

ここで、「ヒューマンアカデミー」の無料体験授業内容について紹介をします。

体験時間

30分~90分。(教室により異なります。)

体験内容

①子ども
「実際の授業に交じって体験」と「実際の授業とは別に体験」と2種類あります。
(教室によりこの種類は違いますので、申し込み時にお問合せください。)

実際の授業に交じっての体験だと、授業の雰囲気も分かるから、ありがたいですね。

さて、体験内容ですが、はじめに先生がロボットの見本を見せてくれます。
それから、体験用のロボットキットと製作手順が記載されているテキストが渡されますので、自分でさっそく作ってみましょう!

基本的には、テキストを見ながら、自分でロボットを製作する手順です。
テキストには、たくさんの写真が掲載されており、分かりやすく作り方が書いてあるので、大丈夫。

とはいえ、最初から子どもだけでできるの?と親は少し気になりますかね。

しっかりと先生が説明し、ほどよくフォローしてくれますよ。
そして、きちんと先生が子ども自身で考えて製作できるよう導いてくれます。

時間があれば、完成したロボットを改造するところまで行える場合もあるかも!?

体験の最後は、製作したロボットで少し遊び、最後は分解して元通りに。
そして、体験終了!!

お父さん・お母さん

親であるお父さんとお母さんは、子どもの体験授業の見学と教室の説明会を受けます。

体験授業中の子どもの姿は、いつもとは違う真剣で驚くこと知れませんね。

 

教室の説明会では、きちんと質問がないか確認をしながら進めてくれますので、安心して話を聞くことができますね。

体験教室を終えた、帰り道。

子どもからは「楽しかった!」「もっとロボットを作りたい。」という声が聞こえてくることでしょう。

そして、プログラミング教室への子どもの興味が、見えてくるでしょう。

親は、プログラミング教室が、なぜ高い費用の習いごとなのか、少し分かるかも知れませんね。

 

無料体験のできるプログラミング教室は?

「無料体験の内容は?」で紹介したヒューマンアカデミーの教室は、全国1100教室あります。(2018年3月現在)
ご自宅の近くにもヒューマンアカデミーがあるかも知れませんよ。

まずは、ヒューマンアカデミーのサイトで、ご自宅近くの教室を検索してみませんか。

http://kids.athuman.com/robo/CI/Store/Synopsis2/?code=140000

そして、少しでもプログラミング教室に興味があるのなら、無料体験授業をしていませんか。

無料体験授業の申し込みは、電話からできます。
電話がちょっと苦手…という方は、気軽にネットからいつでも申し込みOK。

もし、ご希望の教室に体験授業の開催がない場合は「個別相談申込」から申し込みすることができますので、体験できる教室はきっと見つかるはず。

https://kids.athuman.com/form/kids_robo/otoiawase/?formCategory=3&code=140000

お子さまと一緒にプログラミングとは?を体験してみましょう!
きっと…新しい発見がありますよ。

もちろん体験だけでも大丈夫。
体験後、しつこん勧誘や営業などはありませんので、安心して体験教室に行くことができます。

まとめ

ご自宅近くで無料体験授業を受けることができる「ヒューマンアカデミー」。

プログラミングが気になる、少しでも興味があるのなら、迷わず、まず無料体験授業を。

プログラミングとは何か、知るところから始めてみませんか。

体験前と体験後で、お子さまの姿の違いが、はっきりと分かるはずです。