ロボット教室に向いている子の特徴は?元クレファスの先生が教えます

ロボット教室が流行っています。うちの子供もロボット教室に通わせようと思っているお母さんたちも多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが「うちの子ってロボット教室に向いているの?」ってこと。

そこで、元クレファスの先生である僕がロボット教室に向いている子供の特徴をご紹介します。

ロボット教室に向いている子供の特徴

僕のクレファスでの先生経験に基づいて、ロボット教室に向いている子の特徴をご紹介します。あくまでも個人的な主観ですが、大きくは外れていないはず。

あなたの子供にこんな特徴があれば、ロボット教室に通えば才能がグングン伸びていくでしょう!

好奇心が強い

虫眼鏡で観察をする男の子のイラスト

「なにこれ!」「楽しそう!」といった好奇心が強い子供はロボット教室に向いています。

ロボット教室ではギアの仕組み、モータの使い方、プログラミングなど学校や家で教えられない全く新しいことをたくさん勉強します。

そういったときに「やってみたい!」と思う子供はロボット教室でも才能がグングン伸びていきます。

なんでも自分でやってみたがる

手を挙げる男の子のイラスト

ロボット教室では課題を提出して、生徒たちが自由にロボットを作ってクリアできるように挑戦します。

例えば、「8の字のコースを10秒でクリアするロボットを考えてみよう!」といった課題。先生からは課題だけ出されて、作るロボットは指定されません。

子どもたちが今までに勉強したロボットの仕組みやプログラミングの方法を駆使してロボットの完成を目指します。

そんなときに、「なんだかよくわからないけど、とりあえずやってみよう!」と思える子供はロボット教室に向いています。

ロボット教室では答えが決まっていません。答えが無いと言ってもいいくらい。課題をクリアできればどんなロボットでもいいのです。

正解を作り出すために、とりあえずやってみる!という気持ちが重要になってきます。

ものをつくることが好き

工作をする子供のイラスト(男の子)

ものづくりが好きな子はロボット教室に向いています。作るものは何でもOK。絵でも、工作でも、料理でも、音楽でも、歌でも。もちろんロボットでも大丈夫!

大切なことは、何もない状態からものを作り出すことが好きかということです。

ロボット教室では自分で考えたロボットを自由に作ります。教室でこのように課題を出したときに、生徒は二種類のリアクションをします。

一つは、「え〜何すればいいのかわかんない!」と、自分の頭で考えることを拒否するタイプ。

もう一つは「先生こんなこともやってもいいですか?」と自分のアイディアを試そうとするタイプ。

ロボット教室に向いているのは、後者のように自分で考えて作り出すことが好きなタイプ。ものを作ることに喜びや楽しさを感じてくれる子供は成長が早いです。

まとめ

ロボット教室に向いている子供の特徴は次のようにまとめます。

  • 好奇心が強くて、
  • なんでもやってみたがる性格で、
  • ものづくりが好き

ロボット教室を始めようか迷っている場合、お子さんにこんな特徴があれば、ロボット教室に向いています。

ロボット教室に入会すれば、子供の才能が引き出される可能性はかなり高いといえます。

ロボット教室には入会前に体験授業を受けることができるので、まずは受講することをオススメします。体験授業は無料で受けることができるので、気軽に受けることができますね。

僕がオススメするロボット教室はクレファスとヒューマンアカデミー。どちらも知名度抜群のロボット教室なので体験授業を受けて損はないはず!

詳しくはこちらのサイトを見てください。